2018年2月9日金曜日

SUGAR CANE 1930-1940年代のワークウェア黄金期のディテールを取り入れつつ、現代的なシルエットに仕上げたレイルロードジャケット(カバーオール)

こんばんは、いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
今日はSUGAR CANEの新作カバーオールをご紹介させていただきます。


1930-1940年代のワークウェア黄金期のディテールを取り入れつつ、現代的なシルエットに仕上げたレイルロードジャケット、いわゆるカバーオールです。

ディテールは腰ポケットのステッチ下裏の補強の当て布、チェンジボタンのような自由度のある首振りボタン、主要な縫製は3本針巻き縫いチェーン、小さなカッタータグと雰囲気のある紙フラッシャー、配色のカンヌキなど。
生地は打ち込みの強い、春らしい生成りの8.2ozヘリンボーンツイルを使用。
もちろん国産、これで15800円。まさかと思いカタログで再確認しちゃいました。笑。

コーディネートのポイントですが、色落ちしたデニムとの相性が抜群でこんな感じになりました。


0 件のコメント:

コメントを投稿