2017年8月15日火曜日

CAL O LINE 1920年代のナバホラグをモチーフにした今治製コットンブランケット

こんにちは。いつもこのブログをご覧いただきありがとうございます。
今日は毎シーズン新たな柄がお楽しみなCAL O LINEの新作、今治で生産したナバホブランケットをご紹介させていただきます。



デザインは下の画像、ナバホラグの黄金時代、1920年代のエッジの効いた柄をモチーフに、今季は淡い色合いで表現してます。シャレオツです。

1920年代のナバホラグはネイティヴ柄ってコレだよね。っていうデザインが出来た時代で、ここからは勝手な店主の店主の持論ですが、この時代ヨーロッパてはドイツのデザイン学校バウハウスの時代です。
このラグを販売していたアメリカ西部では白人が牛耳るトレーディングポストで、東からくる白人旅行者にお土産として売っていた事を考えると、ヨーロッパの最先端デザインバウハウスの幾何学模様に影響を受けてるのは自然な流れだと睨んでおります。

一般的にイメージするバウハウスとはずいぶん違いますが、バウハウス初期にはこんなデザインもあったそうです。

話戻しますね。
素材は洗い毎に表情が増し、光沢がありかつ強度があるコーマ糸を使用、長年高品質を築いてきた今治タオルのジャガード織りです。
最高に気持ちの良い肌触りのタオルとしてはモチロン、厚みもあるのでラグ(敷物)としても使えます。

店主は先日、オアシス出店の際にコレを海に持って行きました。ちょっと使い方違うけど、凄い天気悪くて、雨でビショビショになった時に非常に使えましたが。笑。

洋服もそうですが、お出かけの際はやはりお気に入りの物が上がりますね。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿