2017年7月19日水曜日

Workers K&T H MFG Co 厚みがあり糸のラフさがそのまま出た凹凸感があるハーフスリーブボーダー

こんにちは。
本日1件目の更新は先日入荷したWORKERSの中からハーフスリーブのボーダーTをご紹介させていただきます。


素材はWORKERS定番のTシャツ生地。
カードという短繊維を落としていない、ラフな糸。
その糸で、度目(縦方向の編み目)を詰めて織った生地。
6オンスクラスで厚みがあり、糸のラフさがそのまま出て表面は凹凸感がある。
伸び縮みが良く、着ていて楽。この素材でボーダーを作りました。

カード糸をブラウン・ネイビーに染め、白い部分はワタの色そのまま。
真っ白にはしていません。そのため、ボーダーに成った時に少しぼやっとした色合い。

昨年作った、空紡糸の80-90年代フレンチ風の硬いボーダーは白部分を真っ白にしていました。
同じボーダーでも、生地は柔らかく、白部分は生成りがかってぼやっとした色合いと、目指すところが違います。

縫製は首回りにフライス(リブ)をパイピング状に巻いて縫うバインダー。

裾・袖口は「扁平縫い」という表はシングルステッチ、裏はロック状に糸が振る縫い方。ジーンズのベルトループと同じ縫い方です。良く見てもらうと、その振り目の中はもう一回ロックをかけています。扁平縫いする前に一度、ロックをかけて万が一扁平縫いが飛んでも生地端がすぐに出てこないので修理がしやすくなっています。


0 件のコメント:

コメントを投稿