2017年7月16日日曜日

WORKERS 古今様々なチノパンを混ぜて作ったWorkers Officer Trousersの新シルエットのチノ"Workers Officer Trousers Vintage Type 2"

こんばんは。本日2件目の更新は先日入荷したWORKERSの中から古今様々なチノパンを混ぜて作ったWorkers Officer Trousersの新シルエットのチノ"Workers Officer Trousers Vintage Type 2"をご紹介させていただきます。



新型はVintageFit、「6-254」という古いスペックのデッドストックからパターンを起こした物でビンテージそのままのシルエット。
股上は深く、膝から裾もとても太い。

人間は贅沢で、バランスの良い現代的なシルエットに見慣れると今度はそれとは違うものもトライしてみたい。
そんな時に、是非VintageFitを。

カラーは3色、・USMC KhakiはUSMCのチノに見られる濃いめのカーキ系。
・Beigeはもう少し白っぽい、いわゆる「ベージュ」。
・デニムは10ozの通年履ける厚さ、ステッチが身頃に沈み込むブラック系なのでシックな印象。ぱっと見はフラットなデニムですが、糸にはわずかに、わざとらしくない程度のムラがあり、洗いこむと表情が出てきます。

ビンテージのチノパン、USA Specification 6-254とラベルに印字のあるデッドストックからパターンを起こしました。
深いまた上、太いワタリ・裾。何も変えずにビンテージそのままのシルエット・型紙にしました。
これが今見ると新鮮に見えてきます。

ヒップ周りはゆったりと、でもウェストステッチ部分はまるで帯がついているようにきゅっと締まっている。この型紙にしないと、ウェストの腰裏に皺が寄るのです。綺麗に縫うためにはこうならざるを得ない、それが結果としてビンテージに近いシルエットを再現しています。

フロントボタンフライ、ボタンホールの間にヒヨク止めがあるクラシカルな仕様。

ボタンはSlimとは形を変えて、参考にしたオリジナルに忠実に。

見えない部分ですが、トップボタンホールの中は生地を削いで薄くしています。トップボタンをかけやすくするためのひと手間。

後ろ中心、Vintageは巻きに。悩みましたがネームは、こちらもWorkers Officer Trousersネームをつけています。

小股はダブルステッチ。大股(内股)も、後ろ中心も巻きなのでダブルステッチが四方向から交差する部分。サンプルは綺麗に合っていますが、量産で100本以上縫うとここは合ったり、合わなかったりです。そもそも、個人的には合わない方が薄くて好きなのですが、百発百中で合わせたり、合わせなかったりは難しい部分です。

Vintage、バックスタイルはやはり参考にしたオリジナルに忠実に。細玉でボタン無し。

一目でシルエットがわかるように、ペーパーラベルを付けます。

後ろ中心ループはセンターオフセット。確かに、巻きの上に載せようとすると、帯に流し込む方が固くなりすぎる。外した方がベターです。

こちらも人が履いた状態の方が、チノパン独特なヒップの丸みが良くわかります。

脇・内またはこちらも巻き縫い。




0 件のコメント:

コメントを投稿