2017年7月8日土曜日

SUN SURF × 北斎 日本を代表する芸術家であり、世界に最も名の知れた日本人の葛飾北斎の"百物語"をプリントしたアロハシャツ "SPECIAL EDITION, 百物語"

こんばんは。いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は先週に続きSUN SURFから日本を代表する芸術家、葛飾北斎の浮世絵をプリントしたアロハシャツの第2弾が入荷したのでご紹介させていただきます。


今回は北斎が描く"百物語"から4つの有名な幽霊、妖怪がプリント。



生地は着物がルーツの表面にデコボコ感がある和柄モチーフに使われるレーヨン壁縮緬。
プリント手法は淡い地色により強い色を刷り重ねていくオーバープリント、
ボタンはバンブーボタン。

北斎といえば先週入荷した"神奈川県沖浪裏"ですが、服としての着易さ、合わせやすさは断然こちらですね。

・百物語
「百物語」とは江戸時代に流行した会談遊び。
夏の深夜、蜜蝋や提灯の明かりのもと集まった人が順番に怪談を披露し合い、100話目を語り終えたときに異変が起こるとされていました。
その怪談会の名を冠した北斎の作品群。
当初は100図の版行が予定されていたと考えられていますが、5枚以外は確認されておらず、その中でも今回は印象的な4作(さらやしき・笑ひはんにゃ・お岩さん・コハダ小平二)をコラージュし、一つの作品として展開しています。


今期2017S/Sはアロハ押しでしたが、こちらをもって今期のアロハシャツは完納です。
シーズン当初はやっぱり全く見向きもされず、いつも通り外したかと思いきやここ最近になってやっとポロポロと売り切れも増えてきました。
(良かった。。)

2017S/Sは今回の"神奈川県沖浪裏"含めた北斎もそうですが、今期のアロハ(レーヨンのオープンシャツ)は作り手のメーカーさんも強気なのでいろんなモチーフの柄はもちろん、こんな挑戦的なバージョンも作ってくれたりして、お客様にとって幅広いチョイスしていただけるシーズンになってます。

20年後、そういえば北斎のヤベーアロハあったよね。もっかい出して着てみよう。
なんてなること間違いなし。予算がある方は是非。


0 件のコメント:

コメントを投稿