2017年6月10日土曜日

SUN SURF 1950年代に"THE KAHALA"ブランドがバナナの葉をモチーフに大胆かつ繊細に描かれた印象的な作品の復刻アロハ"BANANA LEAF"

本日2件目の更新はSUN SURFの新作アロハをご紹介させていただきます。

ヴィンテージを元にした国産の復刻アロハ。

今回の柄は1950年代に"THE KAHALA"というブランドがバナナの葉をモチーフに大胆かつ繊細に描かれた印象的な作品"BANANA LEAF"でございます。

オリジナルを製作していた1936年創業のカハラ社の作品の特徴は、親しみのあるモチーフを洗練されたセンスで独創的に仕上げる事で、その感覚は当時の高級メンズショップで人気を博し、世界中の店舗に商品を卸していたそうです。


生地はFILAMENT RAYON(レーヨン羽二重)、縦糸と緯糸にフィラメントレーヨン(長繊維糸)を使用した平織りの布地。
表面にはレーヨン特有の光沢感が表れ、見た目の美しさだけではなく、放熱性が高い為、涼しく着心地が良いのが特徴。

プリントはDISCHARGE PRINT(抜染)といわれ、生地を地染めし、柄の部分の色を抜染剤で抜くと同時に他の色で染め付ける手法。
濃い地色と対照的な明るい色の組み合わせが可能なため、鮮やかな発色が際立つのが特徴。

サンサーフが作るハワイアンシャツは世界でも有数で柄に合わせたココナッツや竹、貝ボタン、胸ポケットの柄合わせなどなどはもちろんの事、「人絹」と呼ばれ、 植物を原料とする天然由来の繊維であるレーヨンの織り方たプリントの発色の良さ、扱いずらい素材の縫製など、長年の研究に裏打ちされたアロハシャツは素晴らしい仕上がりです。
※洗濯の際はクリーニング店にご相談下さい。


今期はRhythmで一押しのレーヨンアロハなので種類も豊富に取り揃えております


0 件のコメント:

コメントを投稿