2017年4月20日木曜日

TAILOR TOYO 50年代に流行したレーヨンのオープンシャツをベースに刺繍が施されたスーベニア(ベトナム)シャツ

こんばんは。いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
今日はスカジャン、ベトジャンで有名なテーラー東洋のスーベニアシャツをご紹介させていただきます。


THE50sなレーヨンのオープンシャツをベースに刺繍が施されたスーベニアシャツ(通称ベトナム)です。

60-70年代のベトナム戦争当時、お土産としてベトナムに駐留した米兵たちが現地のテーラーで刺繍を施したイメージで製作されています。

ベースのシャツはボーリングシャツやアロハシャツに見られる仕様で、襟はトップボタンをループで留めることができるオープンカラー、裾を出して着る事を想定したスクエアボトム、素材もレーヨン100%。

刺繍のデザインは実在するヴィンテージを元に作られており、"虎"や"福"の、背中にはベトナムの地図の刺繍は比較的オーソドックスなスタイルです。

こちらの売れ売れTシャツのようにベトジャン欲しいけどデザイン、プライスの問題でハードルの高さを感じているお客様におすすめです。


0 件のコメント:

コメントを投稿