2016年12月7日水曜日

国内初の登山用ダウン防寒着を生産したZANTER JAPAN(東洋羽毛工業)の南極観測隊モデルをタウンユースにした"DOWN PARKA WP-H"

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
今日は新しく入荷した貴重な国産ダウンジャケットをご紹介します。
国内初の登山用ダウン防寒着を生産したZANTER JAPAN(東洋羽毛工業)の南極観測隊モデルをタウンユースにした"DOWN PARKA WP-H"です。

表地には雨に対する「防水性」と発汗による水蒸気を防ぐ「透湿性」を兼ね備えた耐水撥水の高機能素材。
中綿は羽毛は国内精毛でダウン90%、フェザー10%のリアル800フィルパワー。
裏地にはナノテク消臭殺菌メッシュ素材と赤外線吸収機能を発揮する蓄熱保温素材を使用。

1955年 マナスル遠征隊 装備品 

ZANTER JAPANはウェア部門として分社化する前の東洋羽毛工業時代、1951年のヒマラヤ・マナスル登山隊との共同開発で国内初のダウンウェアを作り、1956年から現在まで60年以上南極観測隊へワークダウンウェアの納入など歴史あるメーカーさんです。


P.S.
いつも紹介してる商品とちょっと違うので思いついたんですけど、ヒマラヤ登頂や南極観測からのタウンユースのダウンジャケットですよね。
車でいうレースカーからの一般道が走れるスポーツカーにちょっと似てません?

見た目はもちろんなんだけど、スペック的な所がかなり大事ですみたいな。

素晴らしくて憧れだけど、割高な欧米のメーカーに対してスペック的に全く見劣りしない(なんならダウンはスペック的に圧倒してるんじゃないかな)けどお手頃な国産メーカー。

ダウンでいったら一時期はみんなの憧れだったモンクレーとか今ならカナダグースでしょ。そてに対する水沢ダウンに今回のZANTERみたいな。
車でいったらフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどに日本メーカーのGT-R,NSX,LFAとか。
もちろん一概には言えないし、レッテルも貼りたくないけど、ざっくりそんなイメージですよね。
どちらが好みかなんて人それぞれですが、日本人の物造りってやっぱり共通してますよね。笑。
(もちろん日本車の方ですら一生働いても全然手が届くとは思えませんがね。)

日本人かー。。ここの会社も素晴らしい歴史があるからね。

なんなら店主に企画させてもらえないかな。
TOYO UMOU KOUGYOU Ind.業工毛羽洋東
みたいなブランド名で。日本語逆に読んじゃうほどそんなに古くないか。笑。

よくイメージされる日本人の向こう側をみなさんも店主と一緒に目指しましょうね。笑。

0 件のコメント:

コメントを投稿