2017年5月25日木曜日

VINTAGE WORKS イタリーレザーを使用した数量限定のロングと2つ折りウォレット “VWLW-3 & VWSW-3"

こんばんは。いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
今日はVINTAGE WORKSのスペシャルなロングと2つ折りウォレット “VWLW-3 & VWSW-3"をご紹介させて頂きます。

通常はアメリカ シカゴのタンナーホーウイン社を代表するレザーでもあるクロームエクセルを使用したモデルなんですが、今回はVINTAGE WORKSの倉庫移動作業中に発見されたイタリーレザーを使用してるので生産数は極少量のみで再生産もなしでございます。

革はしっかり硬さがあるナチュラルカラー。ステッチカラーもナチュラル。
ヴィンテージワークスにしては珍しい上品な仕上がり。
クロムエクセルバージョンより少しだけお買い得です。




2017年5月22日月曜日

ANACHRONORM オリジナルのマルチボーダーを使用したポケット付きボーダーTシャツ

こんばんは。いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
今日はアナクロノームのポケット付きボーダーTシャツをご紹介させていただきます。

形は大きめのシルエットで特徴はアナクロノームらしいラウンドした胸ポケットは柄合わせとリベット付き。
生地はヘビーウエイトでオリジナルの変則的なマルチボーダー、ムラ糸スラブで生成り部分はネップ混。

なので大き目シルエットはショーツに良く合い、ネップ混による生地の風合い、スラブ生地による肌触り、着心地共に抜群でございます。



ANACHRONORM “BORDER TEE, NAVY, Size L”

2017年5月20日土曜日

ANACHRONORM オリジナルのマルチボーダーを使用したタンクトップ ”BORDER TANK"

こんにちは。いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
今日は暖かいですね。ナイスタイミングでアナクロノームから入荷したタンクトップをご紹介させていただきます。



柔らかく肉厚のオリジナルボーダー、ムラ糸を使い凸凹したスラブ生地は風合いと着心地が抜群でございます。


2017年5月19日金曜日

ANACHRONORM 変則的な組織で織り上げたオリジナルの耳付きへリンボン生地を使用したワイドシルエットのトラウザー型ショーツ

本日2件目の更新は1件目のアロハのコーディネートでも登場したアナクロノームのショートパンツをご紹介させていただきます。


生地は変則的な組織で織り上げたオリジナルの耳付きへリンボン。
お尻周りがたっぷりしたワイドシルエットのトラウザー型ショーツ。
フロントポケットの飾りステッチ、耳使いのコインポケット、フロントの開きはボタンフライ+フック、股下に股下にあるガセットで180度の開脚が可能、バックは玉縁+片フラップ使用。

ヴィンテージと現代的で実用的なディテールがミックスされた完成度の高いショーツでございます。

ANACHRONORM オリジナルの花火柄レーヨン生地を使用したアロハシャツ “RAYON HAND PRINT S/S SHIRT”

こんばんは。いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は発売前から話題(GQ JAPAN, EYESCREAM)のアナクロノームのアロハシャツをご紹介させていただきます。

生地は昔ながらの手法である盤による手捺染でプリントしたオリジナルの花火柄レーヨン素材。
形はアナクロノームで定評の定番オープンカラーシャツ、ポケットはフラップ付きとリベット付きの左右比対称、シルエットはボックス型で釦は蝶貝釦を使用してます。

ロングスリーブもそうでしたが、こちらのアロハおそらく今日中にSOLD OUTになると思います。
狙っていた方はお早めにどうぞ。

2017年5月17日水曜日

Workers K&T H MFG Co 2011年ぶりの登場その名のとおり、出来る限り楽にはけるショートパンツ、イージーショーツ

こんにちは。いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
今日はWORKERSのEZ SHORTSの説明とコーディネートをご用意しました。





2011年ぶり久々登場のEZ Shortsでございます。
その名のとおり、出来る限り楽にはけるショートパンツ、イージーショーツです。

ウエストにベルトループは無く、紐によるサイズ調節。
フロントは着脱のしやすさを重視してファスナー。クラシックな雰囲気のYZIPを使っています。
デザインは5ポケットタイプですが、前にコインポケットは無し、後ろポケットも右後ろだけ。軽く楽な穿き心地を実現するための仕様です。

生地は4色展開。
・ベージュ・オリーブはコットンリネンカルゼ。
・チェックはコットン・リネンのインディゴ染色。
・生成りはカディ、手紡ぎ、手織り生地。

・コットンリネンカルゼ

綾がはっきりした織物で、同じ綾でもチノよりもさらに表面に凹凸があります。
ヨコ糸に綿・リネンの糸をバランスよく打っています。リネンが多すぎると滑脱(生地の目が動くというかすべるというか)がおきるのですが、今回の生地は麻の比率(コットン75%/麻25%)が少ないので大丈夫。

・コットン・リネン、チェックのインディゴ染色。
コットン93%/麻7%のインディゴ染めチェック。さらに糸インディゴ染めなので、経年変化が楽しみ。インディゴチェックとカディには碇刻印入りボタンを使用。

・カディ
コットン100%手紡ぎ、手織り生地。特に糸が太いので、はっきりとムラが多い生地。このムラが織物にしたときに隙間になり、夏でも涼しく着られます。

生地自体、今回のラインナップはどれも6-6.2オンス程度で夏場のショートパンツにちょうど良い。薄すぎると強度が、厚過ぎると暑苦しい。そのバランスがとれている厚み・重さ。

縫製は後ろ中心・脇が巻き縫い、大股(内股)がインター片倒しと、いわゆるジーパンに近い縫い方なので強度がある。
もし、丈が長いなと感じたときはくるくるっと折ってアイロン、もしくは脇部分を何針か縫ってとめてください。それだけで印象がガラッと変わります。丈上げしていまっても良いのですが、折ってアイロン・少しだけ縫いとめるほうが裾に重みがあって生地が落ちるので収まりが良くなります。

今期ショーツを購入予定の方の参考になれば幸いでございます。



2017年5月13日土曜日

ドラマ 釣りバカ日誌にてRhythmを使っていただきました。

こんにちは。
現在放送中のドラマ 釣りバカ日誌 Season2 ~新米社員 浜崎伝助~」にてうちのお店を使っていただきました。
リンク先でご覧になれます↑。後半の5秒程度ですが、お時間ございましたら是非!